日本文化を代表する印籠・・ 今では世界にまで

ここまで日本人に知られている身の回り品はそうはありません。個性を前面にだした究極の日本人ならではの逸品。紫檀でここまで美しく仕上げる手作り職人はそうはいません。ロックスモーションでは印籠に家紋をいれたり名前を刻印したり アイデンティティーを追求するサービスをご提供しております。






お勧めする理由:

名入れ対応しています。フルネーム 家紋などご要望に合わせて刻印いたします。
 
【もう欲しい物はあまりない】【物はもう何でも手にした】そんな贅沢な方にも喜ばれる真のギフトそれが日本を代表する印籠です。
自分らしさをしっかりと表現できる年齢の方だからこそ真に喜んでもらえる・・・ 
万人が認めなくてもよい自分が認めらえる真のギフトをロックスモーションは提案します。
 
本当の贈り物 本当の自分の物を手にしませんか?
 

印籠の歴史

印籠は江戸時代に使用された装飾品であり 今であれば財布もしくは定期入れ、小型のポーチといった所だろう。印籠の由来は実に明確に起源は限定はできませんが 現代人に知れ渡っている理由としては テレビ番組の水戸黄門に代表される身分証明書ともいえる物が印象的である。

 
近年その存在が大きく注目されている。現代社会にマッチするアイテム。クレジットカード、印鑑、SDカード、指輪そして何と言っても元々の用途である薬入れとしてのご使用である。 印籠は実にファッション性が高く着物の愛好家の間でも帯にはさんだり粋な使い方をされる方 ジャケットのポケットからさりげなくセンスの良い昔ながらのテイストの印籠を出される事で実に心温まる生活を楽しむことができる真のファッションアイテムです。
 
現代 最も注目されているのが 家族間での共有したご使用が注目されています。家族とのつながりが薄れるなか やはりいつでも何かでの結びつきを大切にしたい。でも一体 何を・・・


家紋で家族との一体感

家紋は古くから続く 由緒正しいその家系を重んじる大切な宝です。その家紋とのつながりで家族を思いやり誇りに思い大切にする。そんな家紋を入れて家族でいつも一体感を高められる。 
 

クオリティーの高いものを共有する

3台銘木に入る紫檀。現代かろうじて取引できる銘木。時期に規制が掛かり手にすることが難しとも言われている非常に硬く美しい素材。そんな素材だからこそ大切に世代を超えて共有できる。
 

文化を伝える

江戸時代から日本人が愛用していたアイテムを 後の世代に伝える そんなシンプルな役割を印籠は持っています。
 


メモリーカードなどを入れて

デジタル時代 写真をプリントすることも少なくなった今。SDカードなどは大切なアルバム・・・ 今までの家族写真をSDカードに入れて家族で持ち合えば大切な時に無くさずに思い出を共有できます。

 

移動そして保存

金庫に入れても「さまになる」それが印籠。
それであっても大切の持ち歩くこともできる。 
 
印籠は日本人にとってとても大きな意味を持つアイテムなのです。
100年いや200年以上たって日本人に大切にされている装飾品はそうはありません。
だから真のギフトとして現在注目されているのです。
 
是非大切なご家族に ご友人 そして自分自身の唯一のギフトとしてロックスモーションの印籠をご愛用ください。